婚活を成功させるには目で会話をすること

婚活をしている人はどれだけ相手の目をみてアイコンタクトをとっているでしょうか。

アイコンタクトとは、相手の目を見ることです。婚活の場だけではなく、日常、どれだけ相手の目を見て会話をしているでしょうか?

会話が苦手な人ほど、アイコンタクトができていません。それは自分に自信がなかったり、恥ずかしかったりで、無意識に目線をそらしています。またアイコンタクトの重要性を理解されていないのです。

会話は言葉だけで行っているわけではありません。表情や目線、姿勢、声などの言語以外でも相手とコミュニケーションをしています。この言語以外の表現が、言葉以上の重みや意味を持つことがあるのです。

よく使われる例ですが、「周りから性格が明るいと言われます」と話していても、そのときの表情や声などが明るくないと、「性格が明るい」とは相手には伝わらないのです。

アイコンタクトも同じです。

いくら会話をしていてもアイコンタクトが不十分だと、会話の相手は「この人は私と会話をする気があるのかな?」「私の話を聞いているのかな?」と、これ以上会話をすることに疑問を持つでしょう。人は目でも会話をしているのです。

特に40を過ぎて婚活がうまくいっていない方の中にはアイコンタクトを恐れているような人がおられるように思います。とくにアラフォーの婚活中の男性はアイコンタクトに注意しましょう。

目はその人の気持ちも表しており、気力のない人や興味がわかないときは、目に力が感じられません。俗にいう「目が死んでいる」状態です。目が輝いていない方は、集中力や性格等の問題もありますが、物事や相手に対しての興味の度合いが低いのかもしれません。それでは会話上手にはなれないでしょう。

もっと目で会話をすることを意識して実行してください。相手がどう思うかなど考えていては訓練にはなりません。とにかく会話で相手の目を見るのです。

そこでもうひとつ。凝視されてもかえって怖いだけ、ただ見るだけではダメです。アイコンタクトの「コンタクト」は、接触して情報を交換する意味です。ただ見ているだけでは交換できず、相手の会話に応じて反応しなければなりません。反応は、表情などに感情を表すのです。

アイコンタクトは、相手に合わせて見るように心がけ、相手よりも少し多めにアイコンタクトを意識する程度で大丈夫です。

会話中にアイコンタクトができて、笑顔もできれば、婚活もかなり進展すること間違いなしです。