年代によって結婚のタイプは異なる

年齢によって、目指す結婚のタイプは異なります。ひと口に結婚と言っても20代の結婚、30代の結婚、40代の結婚、50代の結婚……とそのスタイルや目的、築き上げる家庭像は異なります。

この年代ごとのスタイルをしっかりと認識しないと不幸になることもあるのです。

20代は恋愛延長型、30代はライフスタイル型、40代は現実型とでも言いましょうか。20代の結婚は、好きな人とずっと一緒にいたいという恋愛の延長線上にあります。そのため、経済的なことなどを含め、家庭を築くうえでの問題や目標を深く考えずに結婚するケースが多いのです。

これが30代になると、少し変わります。収入もそこそこ増えてライフスタイルが充実してきます。そうなると、結婚相手に求めることは20代よりも具体的なものになります。妊娠や出産や、マイホームの購入など、結婚後の目標や夢を一緒につくっていきたいと思うパートナーを求める傾向にあります。

40代以上になると、さらに結婚は現実を直視したものとなります。持っている資産は?老後は? 親の介護は?・と、20代では考えもつかないようなことをまず、処理してから結婚に至るケースが多いのです。

加えて40代以上で結婚する場合は、新しいスタイルを追求していくべきではないかと私は考えています。

そして、40代以上の方たちがびっくりするほど素敵な人たちが多いのです。女性は美しく、仕事もあり、学歴も高く、性格もいい。男性は、稼ぎのいい仕事に就いて、学歴も高く、しっかりと芯もある。世間的には勝ち組なのに、結婚をしていないというだけで、負けな気持ちを味わっている人たちが大半なのです。

彼ら、彼女らが結婚しない理由に、自分たちの人生に従来の結婚がしっくりこないというのもあるのではないかと思うようになりました。そんな方々に多く接してきた私は、彼ら、彼女たちにはこんな特徴があると思っています。

〈男性の場合〉
・とにかく多忙だった30代にI区切りがついたけれど、出会いが少なくなってきた。
・身近な女性はみんな既婚者ばかりで、相手がいない。もしくは身近(主に職場)に女性がいない。
・両親や身近な友人などが病気をするなどして、いつまでも健康じゃないんだ、両親はいつまでも生きているわけじゃないから死ぬ前に結婚姿や孫を見せてあげたい……と結婚を初めて意識した。

〈女性の場合)
・仕事に対してやりきった感がある。そのため、仕事を辞めて生まれ変わりたい。一度、(妊娠するなどして)仕事を休み、人生についてゆっくり考えてみたい。
・とにかく今の仕事を辞めたい。だから、結婚したい。
・子どもを産むタイムリミットが迫ってきているのを実感した。

全体的に、「新しい人生を送りたい」という感覚の方が多いのです。

また、特に男性は安心感を結婚に求める面があるように感じます。そのためでしょう、「ずっと自分の隣にいてくれるんだ」という安心感を持てる女性を選ぶ傾向にあります。

若いころのように、見た目がタイプなどという理由でパッと恋をするのではなく、全体的に見て「この人だったら」と決めてその方とじっくり向き合い、徐々に愛情を深めていく方が多いのです。

このとき同時に、「従来の結婚のカタチ」にとらわれない、理想のライフスタイルを共に歩めるパートナーと穏やかに関係を築き上げていけたら素敵じゃないでしょうか。